基本的な流れ

バスを選ぼう

まずは、金沢まで行く高速バスを選びます。バスにも様々な種類があるのです。特にシートについては、4列や3列、そして2列とその種類中から空きがあれば自由に選ぶことができます。また、オプションなども比較しながら自分に合ったバスを探してみましょう。

乗合所をチェック

バスの乗合所は、基本的に駅のロータリーやバスターミナルが利用されます。そのため、自分の住んでいる場所から、最も近い乗合所を利用するのがベストでしょう。また、バスの到着地点も観光地であればより多く存在しているので調べておくといいです。乗降場が、近場であればあるほど、徒歩で移動する距離が短くなるので、調べておいて損することはありません。

予約の取り方

基本的に3つの方法で予約を取ります。一つはバス会社の窓口です。直接係員と相談しながら予約が取れます。また、コンビニでも可能で、買い物がてら少し立ち寄って予約を取ることができるでしょう。また、時間のない方にはインターネットサイトを利用するのが便利です。

料金の支払い

バス会社の窓口やコンビニを利用した予約の場合は、料金を現金で支払うことができます。インターネットサイトで予約を取る場合は、コンビニ支払いかネットでそのまま決済することができるでしょう。ネットでの決済は、自宅や会社からでも料金の支払いがすぐにできますが、指定のクレジットカードが必要になります。

チケットについて

チケットは料金の支払い方法によって、形状が変わってきます。一般的にバス会社の窓口や、コンビニ支払いの場合は紙のチケットが貰えるでしょう。また、ネットでのカード決済なら決済後にメールでチケットが送られてきます。その場合は、受信されたメールをバスの運転手に見せるが、プリントアウトする必要があるでしょう。

バス乗車から降りるまで

バスに乗る

指定のバス乗合所に着いたら、運転手にチケットを確認してもらいます。チケットを確認してもらった後は、指定の座席に移動して出発です。また、手荷物以外に大きな荷物がある場合は出発前にバスのトランクに収納してもらいましょう。

消灯時間

夜間運行する高速バスでは、寝て過ごす方が多いでしょう。バスが出発してから20分程経ったら消灯時間が設けられます。真っ暗になると、あまり身動きが取れなくなってしまうため、消灯時間がくる前にしっかりと、寝る準備などしておきましょう。

休憩

基本的に高速バスは、休憩を挟みながら移動します。2時間に一回程、サービスエリアなどでトイレ休憩を挟むのです。この際、時間は10分程でしょう。トイレを済ませることはもちろん、時間内であれば飲み物を買うこともできます。また、休憩中に軽くストレッチをすると、その後も快適に移動できるでしょう。

目的地に到着

夜間移動している高速バスでは目的地に到着するのは、早朝です。具体的には、朝の7時か8時くらいに目的地に到着することが多いでしょう。基本的に目的地に到着してからは、時間はフリーです。そのため、早めにホテルにチェックインしたり、本を読んだりして時間を有効的に使いましょう。

広告募集中