注意するべきポイント

騒がない

高速バスの車内では、多くの方が睡眠を取っています。移動中に暇になったからといって、周りを気にせずにお喋りなどをするのはご法度です。基本的に公共の乗物では、周りの迷惑になる行動は禁物なのです。他の乗客の邪魔にならないように、静かにしておきましょう。

カーテンや窓は開けない

基本的に高速バスは、消灯時間を儲けるので車内は真っ暗になってしまいます。そのため、外の景色が見たいと思っても、カーテンを大きく開けたり、窓を開けたりしないようにしましょう。街灯の灯りなどが入ってきて、眠りを妨げてしまうのです。

臭いに気をつける

臭いは、乗り物酔いを引き起こす原因になってしまいます。そのため、周りに配慮し基本的にキツイ香水などをつけるのは控えるようにしましょう。車内は密室なので、逃げ場がないのです。香水などを利用する場合は、目的地に付いてからにしましょう。

音漏れや光漏れ

高速バス内では、音楽プレイヤーや携帯ゲーム機を利用する方が多いでしょう。ですが、音が漏れたり、光が漏れたりすると周りの乗客に迷惑となってしまいます。金沢までの時間を潰すのには良いアイテムですが、利用するなら周囲の乗客への配慮も忘れてはいけません。

広告募集中